大人気のオルリファストでダイエットを成功させよう

多くの方が人生の中で一度はダイエットにチャンレンジしたことがあるのではないでしょうか?

日本ではさまざまなダイエット方法が編み出されており、雑誌や本、インターネットで少し調べるだけでも数多くの方法が出てきます。

食事制限や有酸素運動、筋力トレーニングなどを取り入れて増えすぎた体重を落とす方法が一般的ですが、場合によっては医薬品の力を借りることもできます。

オルリファストってどんなお薬?

ダイエットに効果的な医薬品のうち、特に人気が高いものは海外で作られているものが中心です。

その中でも高い人気と知名度を誇る医薬品の1つが、ロイド・ラボラトリーズ社が製造、販売しているオルリファストです。

製薬会社:ロイド・ラボラトリーズ

世界的な人気をもつゼニカルをもとにして作られたジェネリック医薬品で、適切な量を飲むだけでダイエットを成功へと導きます。

オルリファストには、ゼニカルと同じ有効成分であるオルリスタットが配合されています。

摂取した脂肪分の吸収に影響を与える作用があるのが特徴で、脂っこい食事を好んでいる場合に適しています。

オルリスタットは、脂肪分の吸収と分解に関わっている酵素であるリパーゼの働きを阻害する効果があります。

リパーゼが正常な働きをできないようにすることで、摂取した脂肪分の一部の分解を防ぎ、体外へ便と一緒に排出します。

このような仕組みで吸収される脂肪分の量をコントロールし、体に過度な脂肪がつくのを防ぎます。

 

無理をせずに摂取する脂肪量をコントロールできるオルリファストは、食事制限によるダイエットを確実に成功させたい方々からの人気を集めています。

海外での調査では、1年間継続してオルリファストを服用した方々のうち、60%の方が5%の体重減少に成功したという結果が出ています。

このうち、27%の方に10%の体重減少がみられたため、高いダイエット効果を期待できます。

 

重度肥満患者を対象にした治験結果が豊富にある成分を使用しているため、日本では成功しやすいダイエット薬として注目を集めています。

オルリファストの飲み方

1日3回、1回あたり1カプセルを食事中、もしくは食後1時間以内に水やぬるま湯で服用します。

より確実な効果を得たい方は食前に服用してください。

 

効果があらわれはじめるまでの時間は、個人差があります。

早い方では1週間、遅い場合は1ヶ月以上かかることもあるので、服用を継続してください。

オルリファスト服用に関しての禁止事項、注意点

オルリファストの禁止事項

妊娠中あるいは授乳中の方、妊娠の可能性がある方は服用しないでください。

オルリファストの効果で脂肪分を排出することにより、油溶性の栄養素が体外へ排出されて胎児や乳児へ分け与える栄養が不足してしまうおそれがあります。

 

また、慢性の吸収障害疾患を患っている方や、胆汁うっ滞の症状がある方、糖尿病の方の服用も禁止されています。

肝障害や腎障害の方も同様にオルリファストの服用が禁止されており、特に慢性的な腎障害の方が服用すると腎結石に影響を与える可能性があります。

オルリファストとの併用に注意が必要な医薬品

オルリファストは、一部の医薬品との併用に注意が必要です。

具体的には、シクロスポリンやレボチロキシン、ワルファリン、アミオダロンが該当します。

また、抗てんかん薬や抗レトロウイルス薬もオルリファストとの併用に気をつけなくてはなりません。

これらの医薬品とオルリファストを一緒に服用すると、相互作用を引き起こして効き目に変化を与える可能性があります。

オルリファストを服用する際の注意点

服用し忘れがあった場合、食後1時間以内の場合に限り、気付いた時点で忘れていた1回分を服用してください。

このとき、1回あたりの服用量を厳守して2回分を一度に服用しないよう、ご注意ください。

また、服用開始から12週間前後で体重を5%以上減量できなかった場合は、服用を中止してください。

 

高脂肪含有食品を摂取すると、脂肪便や油性便の頻度を増加させる可能性があります。

3回の食事に脂肪分を均等に分けて摂取し、適切な対策をしたうえで服用してください。

糞便中の脂肪含有量は、服用を中止してから48~72時間以内に元の状態に戻ります。

 

また、オルリファストを服用中の間は、脂溶性ビタミンの不足にご注意ください。

脂肪分を体外へ排出する際に、脂溶性ビタミンも一緒に排出してしまい、健康に影響を与えてしまいます。

そのため、脂溶性ビタミンが配合されているビタミン剤で脂溶性ビタミンを補うことが推奨されています。

オルリファストの副作用

有効成分の特性上、脂肪便や油性便、油性直腸排出、排便回数の増加などがみられる場合があります。

ほかにも、腸の不快感や胃もたれなどの胃腸症状、頭痛や腹痛、下痢などの症状も副作用として報告されています。

また、脂溶性ビタミンの欠乏、軟便、放屁といった症状があらわれる可能性もあります。

服用後、副作用らしき症状があらわれた場合は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

オルリファストの口コミ

女性 50代

効果をすぐに実感できるダイエット薬です。若い子たちに人気があるのも納得できる。

飲むようになってから少ししたら、ものすごい量の油が尻から出て目を疑いました(笑)

体重もどんどん落ちますし、メタボ対策にもいいんじゃないでしょうか?

女性 30代

お値段こっちのほうが安いから、ゼニカルからオルリファストにチェンジ!

効き目が弱かったら嫌だなと思っていましたが、今のところは同じような効き目があります。

コスト面を重視したい人は、ゼニカルよりもこっちのほうがいいと思います。

女性 40代

服用したらお腹が痛くなります。

油もドバドバ出るのでトイレが大変ですし、おならと一緒に油が出てしまうことも・・・。

効果があるのは助かりますが、効果が強すぎます。

女性 20代

礎代謝が良くないと感じている私でも効果を実感できました。

効果が強すぎて普段から油漏れに気をつけないといけないのがマイナスポイント。

トイレも油でかなり汚れるので、こまめな掃除が必要です。

職場では特に気をつけないと駄目ですね・・・。

オルリファストの購入方法について

オルリファストが必要になった場合は、個人輸入代行の通販を利用しましょう。

個人輸入代行の通販では、難しい手続きを行うことなく、海外のお店から商品を購入できます。

非常にリーズナブルな価格で手に入れられるので、薬代を軽減しつつ、オルリファストを服用できます。

少しでも安く購入できる個人輸入代行の通販を利用し、オルリファストを手に入れましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました