気になるむくみを素早く解消できるムクミトールとは?

朝、目覚めたら顔がパンパンに腫れたり、夕方に足がパンパンになってしまう症状といえば、むくみがあります。

むくみは、女性を中心に多くの方々の悩みになっている代表的な症状です。

塩分のとりすぎや血液の流れの悪化が主な原因としてあげられますが、場合によっては心不全をはじめとした重篤な症状が引き金になっていることもあります。

多くの場合、マッサージで解消することができますが、短時間で確実に改善したい場合は利尿薬を服用するのも有効です。

ムクミトールってどんなお薬?

むくみを手軽に解消できる医薬品に、ムクミトールがあります。

ムクミトールは、レクメズ社という製薬会社で作られているルプラックのジェネリック医薬品です。

製薬会社:レクメズ

有効成分にトラセミドが配合されており、体内の余分な水分を排出してむくみを解消します。

日本国内で処方されているルプラックと同等の効果を期待することができるのが特徴で、ルプラックのかわりとして服用している方もいます。

また、2019年に通販購入できなくなったラシックスの代替薬として服用している方も多い、多くの方に注目されている医薬品です。

 

トラセミドという成分は、ヘンレループと呼ばれる部分に影響を与えて利尿作用を示すループ利尿薬です。

水分の再吸収に関わっているヘンレループの働きを阻害して、余分な塩分と水分が吸収されるのを防ぎ、尿量を増加させる効果があります。

また、血液中の無駄な水分や血管壁中のナトリウムを減少させて血圧を低下させ、高血圧の症状を改善へと導きます。

このような仕組みによって、体内の余分な水分を排出してむくみを取り除き、全身をすっきりした状態へ導きます。

 

ムクミトールは、同類薬の中ではカリウムの排出が少なく、脂質代謝や耐糖能にもあまり影響を与えないように作られています。

従来の利尿薬に比べて安全性が高く、より多くの方に使いやすく作られています。

副作用の心配をあまりせずに高い効果を得られる、優れたジェネリック医薬品の1つです。

ムクミトールの飲み方

1日1回、1回あたり4~8mgを朝または昼に水やぬるま湯と一緒に服用します。

年齢や症状などの条件に合わせて、適宜増減することが可能です。

服用後、約1時間で効き目があらわれはじめ、4~6時間もの間効果が持続します。

ムクミトール服用に関しての禁止事項、注意点

ムクミトールを服用できない人

無尿の方

ムクミトールの利尿効果が正常に働かず、効果を期待することができません。

体液中のナトリウムやカリウムが減少している方

ナトリウムやカリウムが減少して電解質失調が引き起こされるおそれがあります。

肝性昏睡の症状がある方

低カリウム血症によるアルカローシスの増悪により、肝性昏睡の症状が悪化するおそれがあります。

デスモプレシンを使用している方

ムクミトールとの併用により、低カリウム血症を引き起こすおそれがあります。

ムクミトールとの併用に注意するべき医薬品

昇圧アミン

ムクミトールとの併用によって、昇圧アミンの効果を弱めてしまう可能性があります。

手術前の方が使用する場合は、一時休薬等の対策が必要です。

降圧剤

他の降圧剤との併用によって、降圧作用が強まって血圧が下がりすぎるおそれがあります。

ジギタリス剤

ジギタリス中毒や不整脈を引き起こす可能性があります。

リチウム薬

リチウム中毒による副作用がみられる可能性があるため、血中リチウム濃度に注意が必要です。

糖尿病用剤

相互作用を引き起こし、糖尿病用剤の作用を弱めるおそれがあります。

慎重にムクミトールを服用するべき人

進行した肝硬化症の症状がある方

ムクミトールの服用によって、肝性昏睡を誘発するおそれがあります。

重い冠硬化症または脳動脈硬化症の症状がある方

急激な利尿作用があらわれた際に急速な血漿量減少や血液濃縮をきたし、血栓塞栓症を誘発するおそれがあります。

腎機能障害がある方

症状が悪化したり、正常に成分が排出されずに血液中の濃度が上昇してしまったりするおそれがあります。

肝疾患および肝機能障害の症状がある方

副作用として、肝性昏睡が引き起こされる可能性があります。

本人または両親、兄弟に痛風や糖尿病の症状がある方

痛風発作の発生や、糖尿病の症状を悪化させるおそれがあります。

ムクミトールを服用する際の注意点

急激に利尿効果があらわれる可能性があるため、電解質失調や脱水に十分注意してください。

服用する際は少量からはじめ、症状の様子を見ながら徐々に増量してください。

連続して服用する場合は、特に電解質失調があらわれやすくなるので定期的に検査を行いつつ服用してください。

 

また、ムクミトールの降圧作用によって、めまいやふらつきなどがみられることがあります。

自動車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業を行う際は、十分注意して行ってください。

アルコールと併用した場合、これらの症状があらわれやすくなるため飲酒は控えてください。

ムクミトールの副作用

頭痛やめまい、倦怠感、血液障害などが主な副作用として報告されています。

低カリウム血症や低ナトリウム血症、尿酸値の上昇、吐き気や耳鳴りなどの症状があらわれることもあります。

 

重篤な副作用では、血小板減少や肝臓障害、重篤な電解質失調、黄疸などがあります。

そのほかに何らかの症状があらわれた場合は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

ムクミトールの口コミ

女性 30代

パッケージが日本語表記ですごくわかりやすかったです。

安心して服用できるので、はじめて海外の利尿薬を使うという人にもおすすめです。

女性 40代

夜の仕事をしていて、人よりもお酒を飲む機会が多くむくみがちです。

「昨夜は飲みすぎた…」感じたときに飲んで、全身のむくみをすっきりさせています。

女性 20代

個人的にはルプラックのほうがよく効いたかも~。

ラシックスのかわりに使えるのはいいんだけど・・・ルプラックに戻しちゃおっかな~って最近は考えてます。

女性 30代

これめっちゃ安いしダイエットにすごくいい!

前まではラシックス愛用してたんですけど、今はムクミトール愛用中ですv(^^)v

立ち仕事したあとのむくみもすごくスッキリするし、めちゃおすすめ!

女性 50代

会社や取引先との飲み会に付き合うことが多いので、むくみ対策に飲み始めました。

効果はかなり高いですが、飲むタイミングには注意しないといけないのが面倒です。

ムクミトールの購入方法について

日本国内ではまだ承認されていないため、通販で購入する必要があります。

通販といっても、Amazonや楽天のような大手の通販サイトでは取り扱われていません。

海外から商品を購入できる個人輸入代行の通販を利用する必要があるので、ご注意ください。

利用するサイトによっては、より安い価格でムクミトールを購入することも可能です

ムクミトールの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました